パターン編みのクッションカバー
culture

アートとクラフトに境界なし! ゾフィー・トイバー=アルプ

アートと聞くとついつい絵画やグラフィックをイメージしますけど、じつは切っても切れない関係にあるのがクラフト(手芸、工芸)。個人的な好みなのかもしれませんが、衝動的に好きになるアーティストがクラフト系も充実してることが多くて、最近出会ったSophie Taeuber-Arp(ゾフィー・トイバー=アルプ)の織物を中心としたクラフトアートにうっとりです。

Sophie Taeuber-Arpの肖像写真
image via Sophie Taeuber-Arp
波模様の絵画
image via Sophie Taeuber-Arp
丸と四角の絵画
image via Sophie Taeuber-Arp
丸の記号が並んだ絵画
image via MoMA

1889年にスイスで生まれ、ドイツで芸術を学び、夫のジョン・アルプと共にスイスのダダイズムの中心的存在として活躍。テキスタイルデザインをスイスの芸術大学で教えたり、劇場公演のためのあやつり人形を作ったり、ファインアートとクラフトデザインを区別する歴史的な境界線を無くそうと常に活躍していた(紹介文の丸写し)アーティストだったそうです。スイスでは紙幣に描かれたり、抽象美術の最重要人物の一人といわれる相当に有名な方なんだそうですが、アートの歴史に無知で最近まで知らなくて本当に申し訳ない気持ちになるくらい、作品素晴らしかった。

鳥のモチーフのクッション
image via Sophie Taeuber-Arp
楕円形のラグ
image via Sophie Taeuber-Arp
幾何学模様のラグ
image via Sophie Taeuber-Arp

クッションカバーやラグなどの織物。今すぐ家に欲しい。

ビーズ編みのバッグ
image via Sophie Taeuber-Arp
ビーズ編みの紫ポシェット
image via Sophie Taeuber-Arp 
ビーズのブレスレット
image via Sophie Taeuber-Arp

こんなビーズ編みのバッグやアクセサリーもあります。こうして見てみると、彼女の絵画がそのまま再現されていて、絵とクラフトはほんとうに一体なんだなぁと実感できます。

幾何学模様のステンドグラス
image via Sophie Taeuber-Arp

こちらは個人宅用にデザインしたステンドグラスだそうで、見たときモンドリアン!? と思ったのですが、ゾフィーさんはモンドリアンと並んで最初の抽象絵画を始めた重要人物の一人だったとバイオグラフィーに書いてあり、恥入りました。

木のあやつり人形
image via Sophie Taeuber-Arp

ダンスや振り付けもしていたり、舞台芸術にもその才能は発揮されていて、これは1918年にチューリッヒにできたパペット劇場のこけら落とし公演用に作られたあやつり人形のひとつ。他にも16体くらいあって、当時とても評判を呼んで彼女の名前を有名にしたとか。モダンで可愛い。

image via MoMA

2021年にテートモダン、2022年にMoMAで彼女の展覧会「Sophie Taeuber-Arp: Living Abstraction」が開かれていたようで、来年あたり日本でもぜひお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください