リビング写真
culture

イギリスの不動産屋サイトがインテリア天国

日頃からインテリア関係のサイトや映像を見るのは大好きなのですが、不動産屋のサイト見るのもなかなか楽しくて、買えもしないのに高級かつ素敵な物件をため息つきながら眺めています。国内だと東京R不動産のサイトなんかが有名だと思いますが、最近見つけたイギリスの不動産サイト、The Modern Houseがびっくり仰天級にすごかった。どの物件も素敵を通り越して天国級のレベル。

image via The Modern House

ロンドン郊外のFox Laneにある1960年に建てられたミッドセンチュリーデザインの一軒家で、お値段£1,000,000(約1億6千万円)! でもこの緑たっぷりの庭とその庭をたっぷり眺められるリビング最高なんですけど。クラクラする〜〜。

image via The Modern House

こちらはイーストデボンにある物件で、田園風景とちょっとモダンなカントリーハウスの見事な融合。おとぎ話の世界ですか!? 1965年に建てられたそうで、お値段は£700,000(約1億1千万)。こちらもまた外の緑がたっぷり眺められる開けたお部屋が満載、かつ三角屋根が可愛い。暖炉もあるそうで、田舎で余生をひっそり暮らしたい人に。

image via The Modern House

イギリスっぽい〜というこちらの物件は、ロンドンのCrescent Groveにある1956年に建てられたもので、お値段はなんと£2,200,000(3億5千万)。震える。このイングリッシュガーデンらしい野生味ある庭とモダンと伝統が上手〜くミックスされたインテリア、真似したい。

image via The Modern House

ロンドンLandor Roadにあるビクトリア時代の建物で£1,200,000(約1億9千万円)。シャーロック・ホームズ気分で住みたい。丸い窓がいいなぁ。

image via The Modern House

ロンドンPeckhamにあるこちらの物件は、Peckham Rye Parkというコミュニティが管理する地域公園が向かいに位置する緑まみれの緑天国。£640,000(約1億円)です。都会に住んでいても森の生活(byソロー)したい方に。

image via The Modern House

ノッティンガムシャーにある広大な敷地に建つ屋敷かつ、今の時代にバッチリ合った、ガラスの二重屋根やソーラーパネルなどを駆使して、とことんエコエネルギーなシステムだそうです。£1,650,000(2億6千万)も納得、とは庶民の私からしたら到底想像もできない感覚ですけど、3枚目のでかい流木(なのか?)を使ったベッドとか、やはり富豪の感覚は一生得ることができないんだろうなぁと思いました。

image via The Modern House

ロンドンCamden Mewsにある元倉庫だった建物を居住用にリノベした物件で、£1,745,000(2億8千万)。レンガの無骨な表入口から裏に明るい空間が広がる感じが素敵です。そしてテラス写真にネコ、見逃しません。

image via The Modern House

ケンブリッジにあるこちらの物件も緑がすごすぎて公園のなかに家建てました? くらい緑と家の境目が近すぎるところ最高です。£2,000,000(3億2千万円)という値段も、そうですよね〜と言うしかない。開放的なインテリアとバスルームのタイルとストリングポケット(?)の完璧な収納、ため息です。最後の写真のベンチで読書でも…という想像だけで昇天。

緑満載インテリアが好きなもので、ついつい緑物件ばかりチョイスしましたが、ほかにもいろんなタイプの物件がサイト上にあるので興味があるかたはぜひ。そして驚愕の売値ばかりですが、イギリスの富豪はこんな素敵な家に住んでいるのか〜畜生〜! と息巻くもよし、富豪のプライベート覗かしてもらってすいやせん、とへり下るもよし、目の保養として&ただ驚嘆のため息をつくために見るもよし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください