犬と男性
FUN

世界の面白ろ人間たち

年末になると1年が早くも終わってしまう!という焦燥感に支配されがちな私の心を落ち着かせてくれる(謎理論)、世界の面白ろ人間たち。こんなに変わってて楽しい人たちがまだまだたくさんいる現実に心が癒されます。

ミルクカートを98個頭に載せた男性
缶を頭に載せた男性
バイクを頭に載せている男性
image via John Evans
煙の出ている煙突を頭に載せた男性
image via derbyshire times

Headbalancingという頭にどでかいものを載せてバランスをとる技のギネス記録保持者であるイギリス人のジョン・エヴァンスさん。このたび74歳で100個の世界記録を作ったとしてニュースになって初めて私は知ったのですが、ほんとに何でも頭に載せている!! Tシャツかタンクトップにゆるっとしたパンツ姿で恍惚とした決めポーズとってて、たまになぜそんなものを載せているのか?という疑問が出てくるような変なモノもひょいっと載せていて、見ていて笑顔になります。インタビューで、若い頃建設現場で働いていたときに、レンガを何十個も下から上へ運ぶ手間を省くために頭に載せ始めたんだよ…と語ってました。

次はいつも定期的にチェックしているbored pandaで紹介されていた、「I Want To Leave(帰らせてください)」というインスタのアカウント。ちょっとおかしな画像ばかりを集めたアカウントで、見てると笑い死にどころか恐怖まで覚えるすごい画像の数々で戦慄しました。

そういえば、みうらじゅんさんがコロナ禍での過ごし方についてラジオで出演していて、そのときに、不安とかあっても「不安カデリック!」(もちろんファンカデリックの言い方で)と明るく叫ぶようにすれば、まだまだ自分大丈夫と思える、と話していてとても参考になりました。不安だなぁ~というとき、私も「フアンカデリック!」と心で唱えて気持ちを落ち着けたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください