Paule Marrot テキスタイル マーガレット
style

自然と気分が上がる花柄テキスタイル

見るのは好きなのに案外持っていないものが、花柄モチーフのあれこれ(服とか生地とか)。そういえば昔はそこまで花柄好きではなかったせいかもしれませんが、好みってのも変わるもんで、今ではキレイな花柄見てるだけで華やかな気持ちになれるので、きっと身に着ければもっと気分上がるのかもしれないなぁとぼんやり思う次第です。最近見つけた花柄が素敵すぎるデザイン。

Paule Marrot テキスタイル オープンフラワー
Paule Marrot テキスタイル ラベンダー

フランス人テキスタイルデザイナー、Paule Marrotの作品です。車のルノーのテキスタイルを手掛けたり家具のデザインをしたり、レジオンドヌール勲章を受章するほど有名な方だそうで、こうしてテキスタイルデザインがアート作品として売られていたりします(めちゃ高ですけど)。確かに家に飾っておきたくなる。

Paule Marrot テキスタイル リリー
Paule Marrot テキスタイル フェザー
Paule Marrot テキスタイル ピンクバタフライ

花柄以外にも自然をモチーフにしたデザインがたくさんあって、どれもため息でるレベル。これらは額に飾るアート作品ですが、この柄のクッションやナプキン、スカーフなどもあります(どれも今は完売しているみたいですが)。欲しい。

image via daydress
image via daydress
image via daydress
image via daydress
image via daydress

こちらはイギリス人のテキスタイルデザイナーがインドの職人さんと共に作るブランド、Daydressの洋服。花柄を中心に自然モチーフの柄が繊細にプリントされたドレスがどれも素敵~。ほどよく感じられるインドっぽさが、総柄のドレスに軽やかさを与えていて、ありそうでないデザインを生んでいていい感じ。着れば自然と上品にふるまえそうな気がする。

余談ですが、見てるだけ、とか着れば自然に、とかあまり能動的ではない文句をよく(いつも)書いている気がしてちょっと危険を感じました。他力本願もほどほどに…。ついでにこの流れで最近面白いなぁと思った英語の言い回しがあって、口先ばかりで実行しないことを、talk the talk、逆に有言実行をwalk the talkと表現するそうです。なんかわかる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください