パッチワーククッション
style

いろいろ見つけたけど眺めるだけショッピング

何度目かの、出かけられない、そしてなによりお金がない人のための、ネット上で眺めるだけショッピング(ネーミングがなんとも情けない)。また毎日パソコンでうろうろしていたら見つけた「これ可愛い~」が、溜まりに溜まってしまったので一気に発散したいと思います。不思議とこれで買ったような気分になるので(安い脳)、今後もちょいちょいやると思います。

image via avarcas

スリッパみたいなラクチンそうなサンダルは、スペインの靴ブランド、avarcasのもの。100%ハンドメイドでナチュラルレザーとヴィーガンレザーを選べたり、サステナビリティにも配慮しまくりのエコフレンドリーブランドだそうです(カタカナだらけですいません)。ちょっとそこまで~の時にスポっと履けておしゃれってとこがいいなぁと思いました。

image via avarcas

ほかにもこんなレースアップのエスパドリーユがあったり

image via avarcas

レース結ぶのが面倒臭いという人にはシンプルなエスパドリーユもあります。全6色あってどれもいい色です。日本で手軽に買えるところないかなぁと検索してみたら、「北欧、暮らしの道具店」で扱っていたみたいですが、なんと売り切れ中。残念。

image via Leuca Vintage

ある日ふとkedsのスニーカー欲しいなぁと探して偶然見つけたのがこのヴィンテージのkeds。真っ黒てのがいいのと、現行のチャンピオンオックスフォードと比べて靴紐とかちょこっとだけ違うのに、なんか雰囲気あって欲しくなりました。

フラワー刺繍のクッション
image via sage×clare
花パッチワークのクッション
image via sage×clare

色に色、柄に柄を重ねるカラフルなデザインが特徴のオーストラリアのブランド、sage×clareのクッション。意外と探してもなかなか見つからない可愛いクッションも海外で探すとあっさり見つかることが多い印象。こういう柄系のクッションひとつぽ~んと置くだけでも部屋の印象変わるからおススメなのですが。

フィンランドといえばのArabiaのビンテージのネコちゃんピッチャー。可愛い…。もうすでに売り切れてますが(当然)、このネコちゃんピッチャーいつどこのサイトで見つけてもすぐ売れちゃう。いつか手にすることはあるのだろうか…?

もういっちょ北欧ビンテージもので、こちらはスウェーデンのヴィンテージラグ。この長めのシャギーなラグけっこう好きなのですが、じつはあんまり見かけないもののひとつで、こうして好みの柄で出会ったりすると猛烈に心躍ります。んが、お値段6万5千円ほどしておりまして、なかなか悩ましい。

あの有田焼が海外や若者向けにモダンなデザインで生まれ変わってました。さすが400年の歴史の重みはすごい(よくわかってない人が良く使うフレーズですが)。わ~欲しい!と思わされるもの満載でした。で、ウェブサイトのブランドコンセプトのページに載っていた現在のオーナー七代目弥左ヱ門さんのキャプションに「某都市銀行に入社。3年間勤めるが実家に呼び戻され、20億円の借金を整理するために民事再生を行い、家業を継ぐことになる」とサラッと書いてあって、実家に呼び戻されとか、20億円の借金の下りの暗黒のパワーにクラっときました。頑張れ、七代目。買って応援したくなる。有田焼のウェブサイトはコチラ

フェミニズムをテーマにした洋服ブランド、feminist apparelのTシャツは、どストレートなメッセージをプリントしたものもあれば、画像上のようなちょっと洒落の利いたものもたくさんあって見ごたえありました。胸にハートマークが刺繍された短丈のTシャツは、Uterus Loveと名付けられたとおり、ハートの中に子宮(uterus)が。ネコちゃんプリントのほうは「cats against cat calls」と書かれてあって、cat callとは路上で女性にヤジをとばしたりナンパしたりする行為のことで、これに反対!というメッセージ。さらっとこういうの着た人に出会いたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください