アーミッシュ ピクニックバスケット
style

バゲットトートからアーミッシュのかごバッグにたどり着いた

ネットの世界はエコーチェンバーになりやすいとか、興味のあることだけの狭い視野になりやすいとか、わりといわれてると思いますが(まあ当たっている)、それでも時折ひょんな出会いとか知らなかったものを発見することだって可能、という出会いがありました。たまたま見ていたホームデコのネットショップでバゲットトート(画像下)なるものを見つけて、こんなものがあるのかぁ~なかなか面白いな~と感心してたら

バゲットトートバッグ
image via goldune

バゲットトートなるトートバッグはほかにもいろいろあるのか興味がわいてきて、ツタ~ン!とキーボードに打ち込んで調べてみたら出てきたのがこちら。

tembea バゲットトート(ピンク)
tembea バゲットトート(ネイビー)
image via tembea

日本のバッグブランドのTEMBEAのバゲットトート(13,200円)。バゲットを普段感覚でトートバッグから覗かせて街を歩く勇気(どういう勇気)がない人にも、バゲットを入れなくても十分おしゃれに使えるこんなトートバッグいいんじゃないでしょうか。私も欲しい。

tembea トートバッグ(黒)
image via tembea
tembea ベーグルポーチ
image via tembea

ほかにもいろんなバッグがあってシンプルなトートやベーグルを入れるためのバッグ(!)という丸いラウンドポーチもありました。糖質ダイエットしている人には刺激がやや強い商品かもしれませんが、パン好きならOK。

バスケットライナー
image via Lars

そしてなぜかこのイースターバスケット(イースターの卵を入れるバスケット)も引っかかってきて、こちらは既成のバスケットを好きな生地でオリジナルのバスケットにDIYしようというもの。作り方はいたって簡単でした。ちなみにこの可愛い生地はあのローラ・アシュレー。で、このかごを布で覆うやつのことを、バスケットライナーと呼ぶそうで、今度はこのバスケットライナーに興味が出てきて調べたら出てきたのが、

アーミッシュ バスケットライナー4点
image via amish baskets

パン用バスケットのバスケットライナーで、アーミッシュのハンドメイド商品を扱っているArmish Basketのもの。アーミッシュといえばある年齢層には映画「刑事ジョン・ブック目撃者」で強烈に印象に残っている人も多いであろう自給自足の生活をしているキリスト教徒のコミュニティのことですが、彼らのハンドメイドのバスケットがこうしてネットで買えるなんて!と興奮。サイト中を舐めまわすように見ました。

アーミッシュ ランドリーバスケット
image via amish basket

素朴なランドリーバスケットや

アーミッシュ 卵用バスケット
image via amish basket

卵を入れるバスケット

アーミッシュ 車輪付き花バスケット
アーミッシュ 車輪付き花バスケット
image via amish basket

カントリーおしゃれな手押し車のバスケット。ホームデコ用なので実用性というよりは飾り目的のみたいです。こんなのさりげなく飾れる家があったらすごい。

アーミッシュ 編み物用バスケット
image via amish basket

さらには毛糸と編み棒を一緒に収納できる編み物特化のバスケットまで。レビューで5つ星の大人気商品みたいです。たしかにこんな編み物専用バスケットなかなかないかも。

ほかにも鳥小屋とかペット用のベッドとか、こんなものまであるんか!と驚くような豊富な商品ラインナップ。ただ海外通販しているかは不明(多分していない)ですみません。あとサイトのQ&Aで、「アーミッシュは電気は使わない生活をしているはずですが?」と、このネットショップ自体を怪しむ質問があって、その答えが「このサイトを運営しているのはアーミッシュではなくて、彼らと信頼関係のある友人がやっています」とコンプライアンス(なのか?)もバッチリ。

バゲットトートからアーミッシュのバスケットまで、思いもよらなかった出会いのあるいいネットの旅でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください