赤羊ニット
style

ダイアナ妃のファッションが各所でリバイバル

ドラマ「ザ・クラウン」の最新シーズンでダイアナ妃が登場してきた影響なのか、常に人気もあったけれど、最近いろんなところでダイアナ妃のファッションの話題にあふれてて、先日も友人の口からダイアナ妃のファッションの話題が飛び出してきて、いよいよ本当にブームなんだな…と実感しました。ネットであさるとわんさか出てくるダイアナ妃のファッション。

花模様ニットカーディガン
水色花柄ワンピース
ニットベスト
ギンガムチェックのパンツ
タータンチェックのドレス
images via marie claire

素晴らしいことにドラマ「ザ・クラウン」と実際のダイアナのファッションを比較まとめしてくれた記事「22 Times ‘The Crown’ Perfectly Recreated These Real-Life Royal Outfits」(ドラマ「ザ・クラウン」が見事に再現した22の王室ファッション)。助かる~。

私が子供のころはダイアナ妃はちょっと野暮ったいイメージがあったのが不思議なくらい、今改めて見ると可愛らしくおしゃれでビックリ。

まあ当時の私といえば(前にもどこかで書いた気がしますが)ブロウ・モンキーズのドクターロバートの髪形にしてくれと写真片手に美容院に行って丁寧に断られるような、ちょっとおかしな思春期過ごしていたので、そのころの感覚でいったらロイヤルファッションとかまったく引っかからないのも納得なのですが、年を取るというのは恐ろしいもので今では素敵に見えるとはこれいかに。

ローラ・アシュリー広告
ローラ・アシュリー 花ドレス
ローラアシュリー水玉ドレス

話は戻り、ダイアナ妃が気に入ってよく着ていたというイギリスのブランド、ローラ・アシュレイ。田舎のお嬢様が着ていそうなフォークロアなドレスがたくさんあります。ダイアナ妃の特に若い頃のイノセンスなお嬢様感はこの服から来ていたのかな~なんて思うぐらいの激ロマンチック感! 今流行りのコテージコア感もあってリバイバルブームが来ているのか、一時期日本撤退してましたが今年復活するそうです。どちらかというと魔女派の私には着こなせる自信がありませんが…。

羊ニットを着るダイアナ
image via rowing blazers

そしてこちらはダイアナが着て話題となり、当時コピー商品もたくさん出回ったという羊模様のニットSHEEP JUMPERが、オリジナルデザイナーとのコラボで復刻発売されています。人気すぎて受注生産(約39,000円)のみだそうですが、いちおう日本からも注文できるのでダイアナ妃になりたい!という方はぜひ。

ダイアナ妃といえばニットなのか、前述のダイアナ妃発言もハンドメイドのニットswish!の展示会でのこと。

ハンドニットグローブ

ニットの手袋買いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください