花模様のパン
culture

パン作りをアートにしちゃった世界のホームベイカー

この機会に家でパン焼いたりお菓子作ったりする人が増えているみたいなのですが、世界のホームベイカーのなかにはびっくりするぐらいの才能を持った方もいて、作品(といっていい)をどんどこ発表してくれています。うっとり見惚れるレベルの超絶技巧のパン。美しすぎて食べられないよ…。

images via Blondie + Rye

これらのパンを焼いたのはノースカロライナ在住のHannah P.さんで、Blondie + Ryeというインスタグラムアカウントで作品を公開しています。パン作りは本職じゃないというのがびっくり仰天。恐ろしい才能の持ち主ですわ。

ところで、このパンに模様を作るcarving(カービング)っていうんですか?、フランスパンとかにざっくり切れ目を入れているのはよく見ますが、葉っぱの模様をカービングしたパンは流行っているのか、よく見かけます。

images via Daniel Larsson

こちらはスウェーデン人のDaniel Larssonさんのパンで、独学(!)でパン作りをマスターしちゃった方。カービングのやり方を動画で見せてくれるのですが、サッサッサッと切れ目いれてハイ終わり、というシンプルさで、簡単そうに見えてめっちゃ難しいやつ、と確信しました。素人が真似してもなかなかできないに決まっている(やる前から諦める)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください