ハーレイ・クイン
movie

スカッと爽快映画

ギリギリ自粛前に公開になった映画「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」(タイトル長い)、じつは見てきました。今やハロウィンの人気コスプレキャラにもなったハーレイ・クインが主人公。前作「スーサイド・スクワッド」は見てないんですが、マーゴット・ロビー演じるハーレイが、これ以上ないくらい完璧すぎて、おばちゃんのハートもメロメロになりました(死語)。

恋人であったジョーカーと別れて、真に独り立ちして自由に生きるまでを描いた成長物語を、ポップな吹き出しやイラストが飛び交い、レインボーやキャンディカラーで彩って、映画全体がハーレイ・クインそのものの弾けっぷりで、最後まで楽しく爽快でした~。

それで思い出したのがマーゴット・ロビーが実在の人物を演じた映画「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」(2017年)。

これもなかなか面白かった。ライバルを殴って出場停止に追い込んだ疑惑で世間を大いに騒がせたフィギュアスケート選手、トーニャ・ハーディングの伝記映画で、そこで描かれる壮絶な貧困白人家庭環境と、トーニャの破天荒ぶりが凄くて、見てる間中、ひえ~っ!と乾いた笑いが止まりません。すごかった。けっこうエグイ題材なのに、なぜかカラっと明るくドライブ感のある映画で、これもまた一人の女性がいかに人生を失敗を繰り返しながらもサバイブしたかを描く青春映画ともいえるかも。

この方(画像上)がトーニャの母親ラヴォナ・ハーディングを演じるアリソン・ジャネイさんですが、彼女が真の主役といってもいいかもしれない怪演を見せてくれます。家の中なのに毛皮着て肩に小鳥乗せて鼻にチューブて、1枚の写真に詰め込みすぎてますが、これ実際のラヴォナさん完コピしてるっていうんだからビックリ。いわゆるモンスターペアレントをここまで完璧に描写した映画もないんじゃないかってくらい、心底ビビるレベルなので、ぜひ一見を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください