culture

行ってみよう

用事がないとブラリ街に繰り出すことも少なくなったのですけれども、最近行った場所がどちらもおすすめできるくらい良くてメモります。

まずはお世話になったこともあるcommune。幡ヶ谷に移転して最近気になる展示をやっていたので出かけてきました。ヘザー・ベンジャミンというパンクなアート作品を描いている女性の個展です。細い線画なのに強烈な印象を与える絵ばかりで見入ってしまいました。

image via Heather Benjamin

まったく知らなかったアーティストだったのですが、常にインディペンデントで新鮮な驚きのあるアーティストを紹介してくれる場所なので、ぜひフラリと立ち寄ってみてほしいです。ギャラリーの奥にあるジンのコーナーも見つくせないくらい国内外のアーティストの作品であふれております。そこで見たanccoさんの妙にとぼけた可愛いさのあるステッカーが忘れられません(画像下)。むふふ。

お次はつい先日のFlangerの展示会で行ったVIVA Strange Boutique。ミュージシャンのShe Talks Silenceが経営しているセレクトショップで出来立てほやほや。にんまりするセレクトのレコードやTシャツ、ゴス女子心をくすぐるアクセ雑貨などなど、思わず欲しくなるグッズがたんまりでした。特にニューウェーブとかパンクとかネオアコとかが好きな人はハマりそう。

image via viva strange boutique

私が衝動買いしてしまったのがこの(画像上)モノクローム・セットとのコラボトート。もうすでに売り切れているようですが、ほかにTシャツもありますし、ショップオリジナルトートも可愛かったのでおすすめ(画像下)。

image via viva strange boutique

セレクトもさることながら、お店では懐かしい友人や知人、昔ivyに来てくれていたという方にまでバッタリ会えたりして、とてもいい空間となってました。インディー音楽好きはもちろん、ivyに来てくれていたみなさんにもぜひ出かけてみてほしいお店でした。

そういやどちらの店も、幡ヶ谷と奥沢という張り切りすぎないおしゃれネイバーフッド(言いたいだけ)に囲まれているのも特徴か。おいしいコーヒー屋とかパン屋が近いっていうのも、昨今の主流なのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です