movie

頭抱えて青春映画

なんで今までほったらかしで見ていなかったんだよ!てな映画に立て続けに出会いました。まずは湯浅政明監督のアニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」(2017年)。人気作家、森見登美彦原作に星野源を声優に迎えて京都を舞台にした青春恋愛ファンタジーを描くってキラキラ設定がどうにも受け入れられなくて(偏見強すぎ)、湯浅監督だけど見るのを躊躇していた自分がバカでした。

最初のほうのかなり奇をてらった展開は私もう~む、ついていけんな、とか不安に思っていたものの、中盤以降からはぐいぐいと引き込まれ、クライマックスの湯浅監督独特の荒波グルーヴ演出が極まって傑作認定に至りました。

頭はいいけど上手く立ち回れない鈍感青年と心が真っすぐな快活少女の一夜の恋物語という文系男子の憧れテンプレ感がものすごい作品ですが、やっぱり真っすぐな想いとか青春っていいわよねぇといい歳をした中年にも刺さってきますた。

続きましてはアメリカ映画の「スウィート17モンスター」(2016年)。なにかとヒネくれた性格ゆえに、家では居場所がない、学校でもイジめられる毎日だった主人公に唯一できた親友が自分の兄と付き合い始めて、世界のどこにも居場所を見つけられないと、もがき苦しむ青春ストーリー。

誰しも思春期には世間の誰も私を理解してくれないっ!と悲劇の主人公ぶった経験あると思うのですが(私はあります)、今では痛い過去として多少笑い飛ばせる経験を、これは私のことかっ!と悶絶させるレベルで体験させてくれる恐ろしい映画です。 特に10代の頃の、わかってはいても止められない感情の爆発をこんなにリアルに再現した映画はない! そして、暴走する主人公を泣き笑いながら温かい目線で見てる自分に気づいて、ちょっと大人になったなぁとも感じました。(いってみれば)暗黒の青春時代のただなかにいる当事者に周りの人が正論で接しても解決にはならず、ウディ・ハレルソン演じる教師ぐらいの適当な扱い(でもちゃんと見てる)がある意味正解で、ドン底から自力で這い上がる時がいつかは必ずやってくる、悩めるティーンへのエールみたいな映画で素晴らしかったです。あ、痛い青春の追体験で辛いのかと思いきや、めちゃくちゃ笑える映画でもあるのでぜひ。

で、映画のウィキ(英語版)読んでたら気になる記事が。どうやらyou tubeのチャンネル(you tube red)でこの映画のスピンオフのシリーズ化が進行中だとか。キャストは新しくなって脚本家も変わるみたいなので、映画そのままってことではなさそうだけどちょっと見てみたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です