FUN

お邪魔しま~す

グラミーやアカデミーなど華やかな賞レースの時期になるとつい探してみてしまうのが、まじめにカメラ用にキメポーズをしている人の後ろではしゃぐ人&思わず写りこんでしまう人。Photobombと呼ばれている行為です。


image via Today

アカデミー賞のレッドカーペットでU2の後ろではしゃいで勝手に写りこむベネディクト・カンバーバッチ。


image via hello magazine

アンジェリーナ・ジョリーの後ろでふざけるジャック・ブラックとダスティン・ホフマン(顔!)。


image via Neatorama

ナオミ・キャンベルの後ろでちゃっかり写るレオナルド・ディカプリオ(の、にやけ顔)。


image via dailymail

後ろではしゃぐ常習犯なのが、このジャレッド・レト。彼がいたら後ろに気を付けたほうがいいかもしれない。ポーズもまるで一緒なのが愛らしい・・・。Photobombやってるセレブに悪い奴はいない、そう感じております。

写りこみといえば世界一有名なアルバム写真といってもいいビートルズの「アビーロード」に偶然写りこんでしまった人も。たまたまロンドン観光に来ていたアメリカ人で、変わった若者が横断歩道を何度も渡ってるなあと眺めていただけとか。後日ジャケットを見て自分だ!と気づいたそうですが、クラシック音楽を好む彼は「アビーロード」を一度も聴いたことがないといういい話。

またちょっと種類の違う写りこみといえば、最近amazonプライムで見たドキュメンタリー映画「Radioman」で、100以上の映画やTVにカメオ出演している元ホームレスの男性がいることを知ってびっくり。ニューヨークで撮影したことのある映画&TV関係者なら彼を知らない人がいないという隠れた有名人だそうです。首からラジオカセットをぶら下げ、ショッピング袋を下げた自転車でNYを移動してるキャラの強い彼のニックネームがRadioman(ラジオマン)。その特徴のあるルックスと彼本来の率直で物怖じしない性格が映画関係者の目に留まって、カメオ出演した映画は「ディパーテッド」「ボーン・アイデンティティー」「シャッターアイランド」「ゴジラ」などなど、とくにマーティン・スコセッシ監督やロビン・ウィリアムス、ウーピー・ゴールドバーグらに気に入られているそう。公園のマット・デイモンの後ろを自転車で横切るだけとか、ゴジラの足に踏まれるシーンとか、よーく見てたら特徴的なホームレス風のラジオマンを見つけることができます。彼の出演シーンだけ集めた映像が見たい~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です