culture

魔法デザイン

ハリー・ポッターの新シリーズ「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」がもうすぐ公開予定ということで初めて知った、ハリー・ポッターシリーズのデザインを全部手掛けているスタジオ、MinaLimaのウェブサイトがなかなか楽しかったです。


The Daily Prophet™ Escape from Azkaban!
image via minalima

ハリー・ポッターの世界で刊行されている新聞デイリー・プロフェット。アズカバンからシリウス・ブラックが脱獄したときのやつ。映画だと一瞬しか映らないけど、こんなにちゃんと細部までデザインされています。


Honeydukes Packaging
image via minalima

有名な百味ビーンズなんかを発売してる魔法界のスウィーツショップ、ハニーデュークスで売ってるお菓子のパッケージデザイン集。


Black Family Tapestry
image via minalima

5作目の「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」で出てきたブラック邸の壁にかけられていた家系図のタペストリー。映画ではさ~っと映っていたような気がしますが、こんなに精密にデザインされていたとは驚き。


Transfiguration Today ‘Albus Dumbledore’
image via minalima

ここからは新作ファンタスティック・ビーストから。新聞のデザインですが、新しい寄稿者の名前にダンブルドア校長の名前が。「Transfiguration Today(今日の変身)」というタイトルの新聞どおり人狼に関してとか変身系魔法に特化した内容の新聞のようです。


Wizard Packaging
image via minalima

ファンタスティック・ビーストの映画の中のセットに置いてある商品パッケージデザインの数々。1個1個こんなに丁寧にデザインしてるとは!


MACUSA Wand Permit Envelope
image via minalima

どうやら魔法の杖を持つには許可証が必要な世界設定のようで、その申請用の封筒(伝書ふくろうに付ける用)のデザイン。おされ。

やっぱ世界的大ヒット映画ともなると、ほんのちょっとしか映らないであろう小道具にすら世界観を壊さない完璧なデザインが隅々にまで施されていることに感服。さすがでございます。ほかにもたくさんのデザインが商品として買うこともできるので(ホグワーツ魔法魔術学校の寮の紋章とかもあるよ!)、ハリー・ポッターファンも、そうでない人にも一見の価値ありのサイトではないでしょ~か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です