クロワッサン
culture

クロワッサン食べたい

天上の食べ物なんじゃないかと思うのがバターたっぷりリッチでふわふわさくさくのクロワッサン。想像しただけで涎が出てきそうですが、ニューヨークタイムズで最近世界一のクロワッサンとして紹介されていたオーストラリア、メルボルンにあるLune Croissanterie。

宇宙工学を勉強してF1レースチームで働いたのちパリのパン屋さんで修業して、弟さんと一緒にLune Croissanterieをメルボルンに開いたKate Reid さん。

お店の内装はスターウォーズをイメージしてるそうで、普通のパン屋さんじゃない感がすごい。

店の外には早朝から行列ができるくらい人気で、空気のように軽くバターのリッチな味がとろけるクロワッサンは並んででも食べる価値あり!らしいです。見てるだけでも伝わるおいしさ。食べたい。

メニュー見てたら「Cruffins(クラフィン)」ってのがあってなんだそりゃと調べたら、クロワッサンとマフィンを合体させたキノコみたいな形のペストリーのことなんですね。知らなかった。クロナッツもまだ食べていないというのに、クラフィンまであるとは。スイーツ業界の光の速さに追いつけてません。

all images via Lune Croissanterie instagram

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください