古いビスケット広告
culture

ビスケット缶

どうやってたどり着いたのかまったく不明、ふらふらネット見てたら発見したお話です。Huntley & Palmers(ハントレー&パーマーズ)という英国レディングで1822年創業した老舗ビスケット屋さんの商品デザイン諸々が可愛いな~と。

Huntley & Palmers colour leaflet featuring picture of biscuits on plates,1900

Advertising leaflet for ‘Superior Reading Biscuits’ including Osborne biscuits, overprinted with Birkenhead retailer’s details,1860 – 1880

Huntley & Palmers pocket calendar with postal rates,1905

↑ビスケット缶のなかに入っていたらしい小さなカレンダー。おまけみたいなものだろうけど可愛い。

Oblong tin with royal coat of arms on lid,1868

Miniature tin,1924 – 1940

Tin in the shape of a glazed china cabinet showing various pieces of porcelain,1912


HUNTLEY & PALMERS 8 BOOKS BISCUIT TIN
image via selling antiques.co.uk

デコラティブで変わったデザインのビスケット缶を多く作ってたようで、コレクターズアイテムにもなっているそうです。普通の四角形のやつ以外に、棚の形や本の形、あとティーポット形やバスケット、さらには戦車の形したものまであったらしいです。

Round tin with Kate Greenaway illustration on the lid of a tea party in a summer garden,1980

しかし今回発見した話というのは、このケイト・グリーナウェイのイラストをプリントしたビスケット缶のこと。最初まあ素敵!なんて眺めていたら、説明文を読んでビックリ仰天。ケイト・グリーナウェイの牧歌的で可愛らしい絵に隠された驚きの事実が! この絵のなかに2箇所、卑猥な絵がこっそり描かれていて、気付かずに商品化してしまってお店に並んでから指摘があって回収騒ぎに発展したという。その小さく書かれた卑猥な絵はケイト・グリーナウェイが描いたものではなくて、デザイナーがいたずらで付け加えたものだそうで、しかもこのデザイナー他の缶でもいたずらしてたことがわかってるそうです(なんて奴だ)。可愛いビスケットからは想像できないやらかし事件簿で面白かったです。※この画像だとわかりにくいですが、卑猥な絵の詳細が知りたいというスケベな人は「Kate Greenaway Huntley & Palmers tin」でググるのだ!(画像検索で)

images via Huntley & Palmers Collection

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください