music

懐かしサウンド

ケーブルTVで映画「愛しのローズマリー」やってて懐かしくて見てたら、ものすごく聞き覚えのある曲がかかってきたのに誰の曲だか最後のクレジットで確認するまで本気でわからなかったのが、フェニックスの曲でした。脳が死んでいる…。しかも「too young」てフェニックスの代表曲みたいなやつ。余談だけど、この曲ソフィア・コッポラの「ロスト・イン・トランスレーション」で使われててそっちで有名みたいだけど、サントラに使ったのはこのファレリ兄弟の「愛しのローズマリー」のほうが先でございます。

というわけでフェニッスの甘酸っぱいサウンド懐かしくて聴き直そうと探していたら見つけた映像(下)が衝撃的。じつは私、ライブも行ったことないしPVもそんなにチェックしてなくてCDだけ聴いてた派なんで、フェニッスのルックスにいい意味で衝撃を受けたんだす。なにこのオタクが外に飛び出してきたような見た目と佇まいは…。好感度うなぎ上り!

NPR Musicというラジオ局のアコースティックライブ映像です(他にもいろんな有名アーティストのライブ映像あります。Wilcoのライブも良かった)。

余談の余談。コメント欄にギターの人がエドガー・アラン・ポーだという書き込みが。似てる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です