culture

修道院グルメ

最近知ったイギリスの食&アート&カルチャー雑誌「The Gourmand」のオンライン版ページで見た記事”nuns and gastronomy“(修道女と食文化)が、とっても良かった。記事つーても、フランス人写真家Agnès Villetteが、昔ながらのレシピでパンやワインを作っている4つの修道院で撮った写真集です。修道女が昔ながらにせっせとパンなんかを作って売っている風景はなかなか素敵。勝手に中世のイメージまんまで手作業で伝統を守りつつ生活してるのかと思っていたら、ちゃっかり機械も導入して現実派な部分がわかって面白かったです。

images via Agnès Villette

余談ですが、日本でも修道院といえばトラピストクッキー有名ですが、カソリック系の幼稚園に通っていたころ食べたベルギーワッフルみたいな形の焼き菓子がおいしくて忘れられないのだけど、そのお菓子がトラピストガレットということを今回初めて知った!(遅い) 通販もやってたので、いつかまた食べたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です